読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ストレスと離脱症状

日中の緊張もなく調子良く過ごせていましたが、先週末は小さなストレスがありました。


小さなストレスが続くと、離脱症状がぶり返すようです。


感情的にならないよう、扁桃体がはたらかないよう、ストレスに反応しませんでしたが、神経が興奮し、夜なかなか眠れなくなりました。調子良かっただけにしんどく感じました。


しかし、全く眠れないということはないし、ストレスの原因がなくなればまた神経の興奮が落ち着き、良く眠れています。


まだまだGABA受容体が回復しきっていないようです。

ただ離脱症状のようなものを乗り越えると一段と楽になってる気がします。少しずつベンゾジアゼピンにやられてしまった脳が回復しているのでしょう。


時間がかかるかもしれませんが、ストレスに慣れていきたいです。

ベンゾジアゼピン断薬 1年6ヶ月

ベンザリンを断薬してからやっと1年6ヶ月が経ちました。


だいぶ穏やかに過ごせるようになっています。


日中の理由のない神経の緊張は、ほぼなくなっています。

カフェインを摂ったり、ストレスがかかると過剰に神経が緊張するようです。


睡眠はたまに眠たいと感じるときがあります。そういうときはすぐに眠れています。

神経が興奮しているなと感じているとなかなか寝付けないことがありますが、ゆっくりと4-7-8深呼吸してると自然に眠れています。



耳鳴りは相変わらず鳴っています。朝方随分と小さいときもあります。



昼間の活動量も増えてきています。


少しずつですがよくなりつつあります。嬉しいです。










ベンゾジアゼピン断薬 1年5ヶ月

徐々にですが良くなってきていると実感しています。


最初の2週間ぐらいは、軽いぶり返しなのか神経が意味なく緊張していました。


ところが最近はその緊張もかなり軽くなってきています。

たまに軽い不安に襲われることもありますが、自然に治っています。



睡眠も9時間ぐらい中途覚醒はあるものの眠れる日があります。

運動して疲れた日は眠たいと感じる日もあり、布団に入るとすぐに眠ってしまいました。

神経が興奮し易い電車の中でもうとうとしました。



耳鳴りは相変わらずなっています。たまに小さいときもあります。


友達と夜に飲みに行くことも出来ました。約2年ぶりです。嬉しかったし、楽しかったです。



元の状態に戻れるかはわかりませんが、8〜9割ぐらいは回復してきてる気がします。



ストレス耐性の低下

今週はかなりのストレスがありました。その影響で、


不整脈を伴う動悸

耳鳴りが大きくなる

睡眠時間1時間


など神経が興奮しまくりました。


普段の穏やかな日常であれば、そこまで神経が興奮しなくなってきています。

しかし、ストレスに対する適応力がまだまだ回復していないため、ストレスがかかると離脱症状のような症状がでるようです。


離脱経験者からは、3年ぐらいでストレス耐性の低下もほぼ回復するとのこと。


今はストレスがなくなり、また神経の興奮が治りよく眠れています。


ストレス耐性の低下も改善すると信じて前向きに過ごしていきます。

ベンザリン断薬 1年4ヶ月

この1ヶ月間は朝に神経が緊張することが多かったですが、日中はリラックス出来てる時がありました。


ストレスがかかるとイライラし易いです。

不安を感じることはほとんどありません。たまに軽い漠然とした不安を感じるぐらいです。



夜は眠たくはならないですが、布団に入ると自然と眠れています。午前3時とかに目が覚めて神経が興奮しても、しばらくすると眠れています。7〜8時間は眠れています。


去年あれだけ眠れず辛かったのがウソのようです。

不眠が徐々に気にならなくなってきました。


耳鳴りは小さいけどなっています。


筋肉の痛みはほぼなくなりました。


旅行用のバックパックを購入しました。暖かくなったら旅行できたらと思います。



この1ヶ月はぶり返しのような酷い離脱症状はなく過ごせました。

今までは楽になった後、突然酷いぶり返しがありました。人生に絶望するぐらいおかしくなります。


まだまだ油断は出来ないですが、

ベンゾジアゼピンの断薬成功が近いのかもと期待してしまいます。






ベンザリン断薬 1年3ヶ月

新しい年を少しですが希望とともに迎えることが出来ました。感謝です。


この1ヶ月はリラックスできているときと、意味なく緊張、神経が興奮しているときとがありました。

寒さのせいか、緊張していることのほうが多かったです。


神経の興奮自体は軽くなってきています。


睡眠は、

神経が興奮してなければすぐに眠れます。1日だけ神経が興奮してなかなか寝付けず3時間ぐらいしか眠れない日がありました。

中途覚醒も減りました。夜間の頻尿も軽くなりました。

疲れを取るには十分眠れていると感じています。


耳鳴りは相変わらずなっています。小さいときもありますが、治る気配はありません。


ストレスに対してはまだまだ弱く、神経が過剰に反応してしまいます。


頑張ろうという意欲は低下したままですが、少しずつ楽になってきています。


今年も焦らずぼちぼち時間薬で良くなっていきたいです。




2016年 ありがとう

この一年でだいぶと神経の興奮が鎮静しやすくなりました。

また、勝手に意味なく神経が興奮して怒りや不安という感情を感じることもなくなりました。


2016年は長い長い休息の年だったのかなと思います。


ストレスを減らし、腹式呼吸やマインドフルネスなどリラックスすることの重要性、副交感神経がいかに大事な神経なのかということを、改めて気づかせてくれた年でした。


今年経験した様々なことを今後の人生プラスにしていけるように、2016年に感謝して最後の日を過ごしたいと思います。


来年良い年になりますように。